観世流能楽師 勝海 登 (重要無形文化財総合指定保持者)オフィシャルサイト

観世流能楽師 勝海 登 公演・イベント情報|NOBORU KATSUMI REGISTERED EVENT INFORMATION
 
過去のイベント情報 →2016年→2015年→2014年→2013年→2012年

2014年 勝海 登 過去の公演・イベント(Past Lee events)

終了 27年12月13日(土)  能の味わい方 -精神文化の視点から-
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
時間:午後2:00~午後3:30
会場:ホテルグランドヒル市ヶ谷

能の世界に描かれている日本人の精神文化を探る
能楽は今から650年前の室町時代に観阿弥・世阿弥という能楽師の親子から始まり、今日に至るまで人から人へと伝承されてきれおります。背景には仏教や日本神道の精神が流れており、200曲以上ある演目の題材には古事記、万葉集、
源氏物語、平家物語、伊勢物語などの古典文学がふんだんに盛り込まれております。大きく分類しますと、「神、男、女、狂、鬼」の5分類に分かれ、人間が本来もっております「喜怒哀楽」を、それぞれテーマとしております。日本古来の思想として自然を崇拝し、山にも海にも神が宿り、「山の神」「海の神」として舞台に登場して参ります。シテ(主人公)は人間のみならず、あらゆる動物、植物から鉱物までシテとして登場するといった大変スケールの大きい舞台芸術であることが特徴ともいえるでしょう。能の世界に描かれている日本人の精神文化を探る視点から、お話を進めて参ります。
終了 26年11月30日(日) 第4回 「能楽 一日体験講座」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
ユネスコの世界無形文化遺産に認定されております「能楽」をお稽古してみませんか?初めての方を対象に、基本となる謡(うたい)と仕舞(しまい)をわかり易く説明しながらのお稽古です。
最後には皆様に能面を付けて舞台を歩いて頂きます。

場 所:早稲田ギャラリー
時 間:午後1時~4時
参加費 : 4,000円
持ち物 : 白足袋又は白ソックス(扇はご用意致します)
講 師:観世流能楽師 勝海 登(かつみ のぼる) (重要無形文化財総合指定保持者)
終了 26年11月9日(日) 勝海 登 独立三十周年記念 第二十三回「海の会」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
場 所:渋谷セルリアンタワー能楽堂
時 間:午前11時開演~終了予定 午後1時10分
料 金 : 正面A指定8,000円 脇正面B指定7,000円 中正面C指定6,000円
番 組:
仕舞 高砂 観世恭秀
狂言 三本柱  果報者 野村萬斎  太郎冠者 深田博治  次郎冠者 高野和憲  三郎冠者 月島晴夫
(大鼓)亀井広忠 (小鼓)森澤勇司 ( 笛)一噌幸弘 (太鼓)観世元伯

能 砧シテ 勝海 登  ツレ 清水義也  ワキ 殿田謙吉   間狂言 深田博治
(大鼓)亀井広忠 (小鼓)森澤勇司 ( 笛)一噌幸弘

後見 観世恭秀 下平克宏
地謡 岡 久広  小川博久  高梨良一  松本尚之  泉 雅一郎  松木千俊  佐川勝貴  高梨万里
カザフスタンのアルマティでの能公演 ( 2014年9月28日 ) が現地のテレビに取り上げられ放映されました。
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
建国以来初めての能公演です。
是非、ご覧ください。

MOVIE http://www.youtube.com/watch?v=9-T_DPAJ-Y8&sns=em
終了 26年9月24日(水) ~9月30日(火) 「カザフスタン建国以来初めての能の公演」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
カザフスタンの首都アスタナにあります、カザフ国立芸術大学におきまして、マスターコースの学生及び一般市民の方を対象に能楽の講演及び公演をさせて頂きます。在日本国大使館のご後援とご協力を頂きまして、能「松風」と「巻絹」を所演させて頂きます。アスタナの後は大都会アルマティの民族楽器博物館においても能の講演と公演をさせて頂きます。カザフスタンの建国以来、初めての能の公演は大変意義深いものと確信しております。

写真は2都市の公演ポスターとアルマティの会場となりました、
民族楽器博物館です。
終了 26年7月20日(日) 第3回 「能楽 一日体験講座」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
ユネスコの世界無形文化遺産に認定されております「能楽」をお稽古してみませんか?初めての方を対象に、基本となる謡(うたい)と仕舞(しまい)をわかり易く説明しながらのお稽古です。
最後には皆様に能面を付けて舞台を歩いて頂きます。

場 所:早稲田ギャラリー
時 間:午後1時~4時
参加費 : 3,000円
持ち物 : 白足袋又は白ソックス(扇はご用意致します)
講 師:観世流能楽師 勝海 登(かつみ のぼる) (重要無形文化財総合指定保持者)
終了 26年6月19日(木)・6月22日(日)
能楽ジャーナル 元編集長 堀上 謙 コレクション「世界の仮面 100面展」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
-仮面が語る悠久の歴史-
民族の血は仮面によって受け継がれていた!

[ 賛助出品 ] 勝海 登 所蔵 能面 イタリア仮面 他
[ 会期 ] 平成26年6月19日(木)・6月22日( 日)
[ 時間 ] 午前10時~午後5時
[ 入場料 ] 500円
[ 会場 ] 早稲田ギャラリー 新宿区早稲田南町2-1

堀上 謙氏によるギャラリートーク
6月20日( 金 ) 午後3時~4時30分
[ 主宰・後援 ] 早稲田ギャラリー
[ 企画・プロデュース ] 勝海 登 ( 観世流 能楽師 )
終了 26年5月11日(日)第1回「然」公演 テーマ「四季」
"Shikari performane"-theme-four seasons
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
人間国宝1名・重要無形文化財総合指定保持者3名を含む世界的アーティストが出演する和の祭典「然」しかり の公演のご案内をさせて頂きます。
於 :セルリアンタワー能楽堂
場所:渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー 地下2 階
   03-3477-6412
公演時間:( 1 部 ) 11時40分開演
     ( 2 部 ) 15時開演
(入場料))1部・2部 とも共通  指定A席 7000円 指定B席 6000円
                指定C席 5000円 (全席指定)
[ 春 ]                         [ 夏 ]
狂言「蝸牛」 (1部公演) 野村萬斎           能管・篠笛・田楽笛・つの笛・リコーダー  他 / 一噌幸弘
能舞 羽衣「序の舞」 (2部公演) 勝海 登        # つの笛即興曲第3番 一噌幸弘作曲
                           # バッハ無伴奏パルティータより 他

[ 秋 ]                         [ 冬 ]
笙 ( 雅楽 )  東野珠実                 尺八・ギター・和琴 (山本邦山 / 高谷秀司 / マサ大家)
# 雅楽古典曲「平調調子」(ひょうじょうのちょうし)   # アランフェス協奏曲
# 正倉院復元楽器による「息吹」 東野珠実作曲/ 他    # 大吟醸 / 他

[ 土用 ]
能舞 勝海 登                    (構成・演出) 武冨グウェンレイ
# 養老「水波之伝」                  (企画・プロデュース) 勝海 登
# 三輪「神楽」 / 他
終了 26年5月15日(木)「和の食とおもてなしの祭典」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
場所 : モスクワ 「 日本大使館 」
開演時間:午後7時開演

オープニンは お琴の演奏から始まり、ロシアの日本大使館関係者のご挨拶などの後に、メインゲストとして 能「羽衣」を勝海登が舞います。
終了 26年3月9日(日)【新日本伝統文化祭】
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
場 所:杉並公会堂大ホール
時 間:午後7時30分開演
→ https://m.facebook.com/events/585988271486911
終了 26年2月23日(日) 第2回 「能楽 一日体験講座」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
ユネスコの世界無形文化遺産に認定されております「能楽」をお稽古してみませんか?初めての方を対象に、基本となる謡(うたい)と仕舞(しまい)をわかり易く説明しながらのお稽古です。
最後には皆様に能面を付けて舞台を歩いて頂きます。

場 所:早稲田ギャラリー
時 間:午後1時~4時
参加費 : 3,000円
持ち物 : 白足袋又は白ソックス(扇はご用意致します)
講 師:観世流能楽師 勝海 登(かつみ のぼる) (重要無形文化財総合指定保持者)
終了 26年1月22日(水)第5回 ニニギの会「心の中のヤマトを世界へ」
photo
ZOOM 画像クリックで拡大
17:30~21:00(17:00開場)
世界には190を超える国が現存しますが、そのなかで世界最古の国が日本であることは、あまり知られていません。日本だけが古代から続く王朝を守り、今も現存しています。伝統には必ず相当の意味や価値があるものです。日本固有の文化と高度な技術とその精神性は、人と地球と世界に対して半永久的な影響を与えるものと信じています。私たちの日本文化とその根底にある精神性を保持し継承する国の民の一人として、NPOライジングクラウドは世界へ「心の中のヤマト」を発信していきます。

ゲストスピーカー
勝海(かつみ) 登(のぼる)氏(能楽師)
能楽協会会員 日本能楽会会員 重要無形文化財総合指定保持者
能楽は室町時代より600年以上にわたって受け継がれ、現在も生き続けている世界最古の舞台芸術です。特に能は、「幽玄美」が描かれた「謡と舞」を中心に展開する物語で、実在した人物が幽霊となって現れ、生きていた頃の恋物語や戦物語を回想するなど、「神・愛・情念」の精神世界を描いています。自身が主催する「海の会」の公演も今年22回を数え、今後益々、活躍が期待されています。
インタビュー番組「ニニギの会」に出演させて頂きました時の様子が「ライジングクラウド」のホームページに掲載されておりますのでご覧下さい。→ http://www.cloud28.org/ninigi-1/
 http://youtu.be/SnWHe1KeI2Y
    http://youtu.be/AnXHbHZSzjk
    http://youtu.be/baD8MxaMCaM
企画運営 NPOライジングクラウド http://npoizumo.org(JEイベント22の会主催)
 
PAGE TOP

Follow us

BLOG

facebook

HOME